秘密保護法について

■秘密、聞き出そうとしただけで…(考 民主主義はいま)(朝日新聞 2013.10.25) [魚拓]
安倍内閣は25日にも特定秘密保護法案を閣議決定し、国会に提出する。専門家が懸念するものの一つが「独立教唆」の規定だ。たとえ相手が秘密を明かさなくても、聞き出そうとしただけで処罰される――。市民活動に影響を及ぼすケースを想定し、大阪弁護士会の畠田健治弁護士と問題点を考える。 ‥‥■想定されるケース―核燃料輸送ルート尋ねて逮捕

■「知る権利」制約の恐れ=秘密保護法案(時事ドットコム 2013.10.25) [記事]
行政機関による恣意(しい)的な運用の可能性を排除できず、民主主義の基本である国民の「知る権利」が制約される恐れがある。 ‥‥特定秘密を漏らした場合の10年以下の懲役は、国家公務員法の1年以下、自衛隊法の5年以下の懲役に比べて格段に厳しい。政府内にも「特定秘密を扱う関係者は萎縮し、記者との接触を避けるようになる」との声がある。 ‥‥この条文では、報道・取材の自由が担保されたとは言えないし、何が不当な取材かも定かでない。「実質は何も変わっていない」(政府高官)との本音も漏れる。

■「行政情報は国民のもの。これが第一」民主・大畠幹事長(朝日新聞 2013.10.20) [魚拓]
行政情報は国民のもの。これが第一だ。しかし、安倍政権が進める、今回の特定秘密保護法案の過程を見ると、公明党から知る権利を入れろ、報道の自由は入れないといけないと主張され、やっと入れた。ここに、この法律案の問題点があるんじゃないかと思う。何が規制されるのか、何が秘密なのか。決して、政権にとって不都合な真実は秘密にするということがあってはならない。  民主党は政権時代に、情報公開法案を提出したが、残念ながら廃案になった。情報公開法改正案をぜひ成立させたい。知る権利、報道の自由はしっかり担保するものにしていきたい。(NHKの番組で)

■【秘密保全法・第2R】「世論の90%が秘密でないと言っても、行政が判断すれば秘密となる」
(田中龍作ジャーナル 2013.10.24) [記事]
「世の常識からして秘密ではない」とされる事項がどう扱われるのかも気にかかる―  野党議員「世論の90%がそれは秘密でないとしても秘密か?」 内閣官房「行政が判断すればそれは秘密指定になる」―“秘密指定は官僚のほしいままだよ”と公言した瞬間だった。 ‥‥さらに驚いたのは警察の対応だ。 野党議員「捜査員はこれが特定秘密だと言っていて捜査をするのか?」 警察庁「秘密指定するのは担当省の長。警察としてはどれが特定秘密にあたるのか分からない」。  同じくらい驚いたのは内閣官房が「(秘密指定は)第3者によるチェックは予定していない」と答えたことだ。これこそ闇の中だ。 ‥‥かりに人格破綻者であっても行政の長ともなれば、ほしいままに秘密指定ができる、ということだ。北の将軍様を笑えない。特定秘密保護法は暗黒国家の始まりを告げるものとなる。

■原発情報 警備の必要から秘密指定ありうる(財経新聞 2013.10.24) [魚拓]
赤嶺議員は「原発は秘密保護法の対象ではないと政府はくりかえしているが、法案別表にある『テロ関連情報』に『核物質防護は対象になるのでは』との私の質問に、内閣府担当者は『対象になります』と応じた」 ‥‥原発情報については、社民党の福島みずほ前党首も「24日午前中に秘密保護法についての行政交渉したなかで、原発のことについても警備の必要から秘密指定がありうるとの回答があった」とした。 ‥‥福島前党首は「警察官は何が秘密指定されているかわからない、市民もわからない。逮捕されたときに、何が秘密で、何によって逮捕されたかもわからないということがありうるのではないか」と危険性を呼びかけている。  福島前党首は「安倍内閣は今国会で秘密保護法を、通常国会で国家安全基本法を成立させようとしている。日本国憲法のもとで集団的自衛権の行使を認め、アメリカとともに地球の反対側でも戦争のできる国にし、政府にとって不都合な情報を出させないために、公務員、メディア、市民を縛ろうとしている」と強い警戒感を示している。

■日弁連「秘密保護法案」に反対(NHK 2013.10.24)[魚拓]
‥日弁連=日本弁護士連合会は会見を開き、「重い刑罰を科すことは誤りで、情報管理の改善によって対応できる」とする意見書を発表しました。‥‥意見書は、「秘密の範囲があいまいで、外部から検証もできないため際限なく広がるおそれがあり、重い刑罰を科すことは誤りだ。国民の知る権利が侵害され、国会の行政に対する監視機能も空洞化する」と指摘しています。‥‥日弁連で事務局長を務める清水勉弁護士は、「法律はいったん成立すると、現場の意志に従って自由に動き始めてしまう。むしろ情報公開制度を充実させることで国民の知る権利を守るべきだ」と話しました。

■日弁連 特定秘密保護法案反対訴え(NHK 2013.10.24)[魚拓]
‥23日は東京のJR有楽町駅の前で、30人余りの弁護士が2000枚のチラシを配りました。‥‥情報を管理する側の行政機関が特定秘密の指定を行うため、国民の知る権利が侵害されるおそれがあり、法案に反対するとしたうえで、情報公開制度を充実させることが必要だとしています。

■特定秘密保護法案:「知って」 市民団体・日弁連、街頭で内容訴え/東京(毎日新聞 2013.10.25) [魚拓]
「みんなの生活に影響がある大事な法案です」。政府が25日に閣議決定する「特定秘密保護法案」。世論調査で「知らない」と答える人の割合が高いなど認知度が上がらず、市民団体や日本弁護士連合会(日弁連)などは連日、街頭で法案の内容を知らせる活動を続けている。 ‥‥

■日弁連、秘密保護法案めぐり意見書(朝日新聞 2013.10.25) [魚拓]
日本弁護士連合会は24日、今国会に提出される予定の特定秘密保護法案に反対する意見書を、安倍晋三首相と、同法案を担当する森雅子消費者相に送った。  意見書では「特定秘密」の範囲があいまい▽特定秘密の指定に官僚の恣意(しい)が働く▽言論の自由、知る権利を侵害する恐れが大きい、などと批判。‥‥

■秘密保護法 危険な法案は断念せよ(信濃毎日新聞 2013.9.5)[魚拓]
‥‥政府が自分に都合の悪い情報を秘密指定し、国民の目から隠す結果を招く心配が大きい。法制化には賛成できない。  外交・安全保障政策の司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)とセットで検討されてきた法案である。集団的自衛権の行使容認をにらみ、機微にわたる情報を米国とやりとりする場面に備える狙いもありそうだ。 ‥‥ 気掛かりな点が多い。第一に、秘密の範囲が政府の勝手な判断で広がりかねないことだ。  (1)防衛(2)外交(3)外国の利益を図る目的で行われる安全脅威活動の防止(4)テロ活動防止―の四分野で漏れては困る情報を「特定秘密」に指定し、保護するという。  これではあいまい過ぎる。例えば原発事故に関わる情報を「テロ対策」の名目で秘密にすることも可能になる。  秘密とする期限は最高5年。ただし更新が可能とされている。事実上、無期限で秘密とすることも可能な仕組みになる。情報開示の流れに逆行する。  誰が処罰の対象となるかについても問題がある。‥‥ 国民の「知る権利」が制約される懸念もある。  人をだましたり、暴行、脅迫を加えたりして秘密を取得する行為は最高10年の懲役だ。「未遂、共謀、教唆、扇動」も罰せられる。報道機関の取材活動が秘密の不当取得と見なされ、処罰される可能性が否定できない。 ‥‥議員活動を制約する危険をはらむ法案をすんなり成立させるようでは、国会は見識を問われる。

揺らぐ知る権利
秘密保護法について
posted by tokyo-23 at 00:00 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。